幼児教室などで子供の教育バッチシ【親子一緒にレッツスタディ】

student

親子一緒に教育

Student

様々な種類の「幼児教材」

「幼児教育」の重要性が言われる今日、多くの幼児教材が開発されるようになりました。幼児を持つ家庭の多くは、何らかの幼児教材を使用していると言われています。 「幼児教材」とひとくくりに言っても、様々な種類のものが開発されています。大手「幼児教室」が開発したものや出版会社から発売されているものなど、それぞれに特徴ある幼児教材が作られています。 幼児教室が開発しているものは知的なものばかりでなく、芸術・音楽・道徳等からの取り組みも並行して行なう教材が大半です。1つの能力を特化・開花させるのではなく、あらゆる側面から働きかけを行なう工夫がされています。 出版会社や塾などが開発を手がけたものは、数・文字・知識といった知的側面に重点を置いているケースが多くあります。得意な取り組みを見つけ、毎日課題をこなすことで、飛躍的に能力が伸びる工夫がされています。

成長段階によって異なる幼児への教材

低年齢向けの「幼児教材」は、親子で取り組むものが数多くあります。脳は様々な働きかけで成長します。そのため、幼少のときは特に親のサポートが必要なのです。 「幼児教材」では、「脳」に様々な刺激をあたえる工夫がされています。低年齢児は、「知識の吸収」の時期です。そのため、色々な事項を吸収する事が大切です。 ある程度「もじやことば」を認識しはじめたら、「書く」ことで知識を定着させることが大切です。そのため多くの「幼児教材」は、3才前後から出来る「プリント学習」教材を開発しています。「書く」ことで物事を論理的に捉え、表現する方法を学ぶのです。幼児期の「プリント学習」は、子供達に学習の習慣を付け、優れた素質を定着させるものです。プリントでの取り組みは、「幼児教材」の要となるものと考えられています。