幼児教室などで子供の教育バッチシ【親子一緒にレッツスタディ】

student

倍率の高い保育園

Education

認可保育園とはどのようなものなのか

現代の日本は結婚して子供が生まれても専業主婦にはならず、働きにでる女性が増えたことによって共働き家庭が増えています。そんな中で、重要とされているのが、夜遅くまで子供を預かってくれる「保育園」です。この保育園を選ぶのに重要視されているのが「認可保育園」であるか、それとも「無認可保育園」であるかという点です。 まず、この認可と無認可の違いはどのようなものなのでしょうか。これらの違いとは、児童福祉法で定められた「保育所最低基準」を満たしているかどうかということです。この保育所最低基準は、子ども一人に対し最低どれくらいの免責が必要なのか、年齢ごとに子どもの人数に対して何人の保育士が付かなければならないのか、などと言ったルールを事細かに定めた基準です。

無認可に入らざるを得なかった場合

この「認可」という言葉は親が安心して子どもを保育所に預けるのにとても重要な指標であり、実際、認可保育園はとても倍率が高く、待機児童も多く、なかなか入ることが出来ないのが現状です。 それでは、認可保育園に入れなかった際にそれでも子どもを保育園に預けたい場合に利用するのが無認可保育園です。この無認可保育園を利用する際、どのような点に注意すれば安心して子どもを預けることが出来るでしょうか。 まず、基準を満たしてはいないので無認可であり、認可に対して、やはり子どもの数に対する保育士の人数が少なかったりと、自分の子どもをちゃんと見てくれているのかという点です。その点に関しては、人数が少なくても認可以上にしっかり子どもを見てくれている場合もありますので、評判を調べて保育園を選んでみましょう。